タミル語速記  குறிப்பெழுத்து


The National Union Catalog Pre-1956 Imprintsによると、
 Srinivasa Rao, Madakasira, Rao Sahib,
 Tamil shorthand instructor. Rev.ed. Adapted from Sir Isaac Pitman Phonography; a practical guide to the acquisition of Tamil shorthand, by M.Srinivasa Rao...Approved by the madras government...Madras,Litographed
〔by〕Survey office, 1929.
1929 年に「タミル語速記マニュアル」

  Tamil Books in the British Library によると、
 Tamil curukkeruttu tarpotini. The Tamil shorthand Self-instructor.[Basedon the Pitman system.]Madras,1939.80.

 G.S.Ananthanarayanan とタミル語の省略形。
1953 年 5 月 G.S.Ananathanarayanan、マドラス議会でのタミル語レポーター 「タミル語速記帳」。この本は、1929 年に タミール語の省略形マニュアルの改良版を公開した。G.S.Ananthanarayanan のタミル語速記本政府の教科書として。公式言語実施委員会専門家の委員会の勧告を受け入れた。 承認後は、政府文書として「タミル語速記帳」というタイトルの本を印刷決定された。政府はタミル語速記本で骨の折れる努力をした G.S.Ananthanarayanan に感謝の手紙を送った。

第 2 版 1977年を変更せずにリリースされた
第 3 版 1988
著者は、中心には、次の彼の第 2 版を改訂:

第 3 版 1987年 第 4 版 1998年 第 5 版 2003年

他の政府承認の省略形の本
最初に、政府承認システムのタミル語速記のいずれで表示するための選択肢を持っていた。1965 年「タミル語 Surukezuthu Nool」のリリース後、政府は、試験その他のシステムに表示されるすべての学生を見つけられませんでした、したがってそれらを de-recognized しました。このように Ananthanarayanan で作成した"タミール語 Surukezuthu Nool"(スリニヴァサ ラオ システム)は唯一の公式の認識の書籍となっており、流行であり続けます。

"タミル語 Surukezuthu Nool"、著者 Ananthanarayananfelt は、 1980 年に「タミル語速記用語辞典」を出版しました。




他のインドの言語と違って、無声有気音や有声無気音や有声有気音の区別がほとんどない。

CAは「チャ」と「サ」の場合がある。


タミル地域の古い文字


インドの速記