は  じ  め  に

 日本の速記が発表されて135周年になりました。 
ンターネットではあまり知られていない点字や速記の資料をお届けしたい。点字も速記もマイナーなものまでとりあげるので、点字や速記の学習には役にたたないものが多いことをお断りしておきます。
 点字はユニコードの八点点字コードを使っています。WINDOWS7以降でないと見ることができません。点の位置表示がかなりわかりにくくなっています。

 
点のない部分が空白でなく、白丸「○」か、小さい中黒「・」か横線「-」があるフォントを標準搭載するようにマイクロソフト社へ是非呼びかけてください。またユニコード委員会に対しても、八点点字コードだけでなく、六点点字コードも作るように要望してください。
 
Braille6というフリーの点字フォントがユニコード対応で以前から出ていたようです。Windows10では標準搭載になりました。しかし以前のWindowsではBraille6をインストールしないと8点の点字が優先されるためバランスが悪くなります。三原高等点字の最後に載せてみました。 

速記符号をスキャナで読みとらせましたが、薄くて見えないものが多いです。順次書き直して、はっきり見えるようにします。
明治時代の符号表を少しずつ変えていきます。漢語速記の表も少しずつ変えていきます。相当遅れています。
  点字と速記の接点も相当あるので、それらも触れていきたい思います。速記者や速記創案者が手話や指文字を考案したが、うまくいかなかった例も示します。
 さらに手書き速記以外に速記タイプライタやパソコンのキーボードについても紹介したい。
 2012年10月にWINDOWS8が発売されて、ミャンマー語とシンハラ語のフォントが実装されたことにより、ようやく世界各国のそれらの国の主言語のフォントが揃った。一部の文字は正式な形では出せません。
  ミャンマーの点字一覧表はWINDOWS8以降でないと見ることができません。
とりあえずフォントは揃ったけれども、インド系の文字の合成文字の大半がまだユニコードに入っていません。アプリケーションソフトでなんとかできる場合もあるようです。
 スリランカの「スリ」の文字がシンハラ文字のタッチキーボードから出せました。
 Pの右の右,Enterのすぐ左に
(三角の旗)とRに相当するキーがあり、これを使うと出すことができました。Yに相当する文字の結合子音も出せるようになりました。
 クメール語の点字を載せようと思ったが、下部につく子音の文字がユニコードフォントの一覧にはありません。もしかすると仮想キーボードで出せるかもしれません。

 2016年7月についにWINDOWS10にしました。
  WINDOWS10には残念ながらデュプロワイエ式の速記に基いて作られたアメリカ先住民の
フォントが入っていません。
 現在ピットマン式の符号もコード番号まで決まっています。ユニコード10では採用されませんでした。ユニコード11では採用されるようにしてもらいたい。
 

 

            2011年7月    2017年11月17日訂補
                             久留津守里太


 

NEW

2017年はGREGG生誕150周年であるが、日本語速記の単画式創始者である武田千代三郎の生誕からも150年である。速記以外では、体育の本を出版した。また秋田県知事、青森県知事、山梨県知事、山口県知事を勤めた。
 文学のほうでは夏目漱石と正岡子規も生誕150年の年であり、東京都新宿区や松山市でも展覧会が開催されている。夏目漱石と正岡子規は東京大学予備門から同級生であった。武田千代三郎も同じ頃に入っているようである。
正岡子規は野球用語をずいぶん作った。「直球・打者・走者・飛球・四球・死球」などである。野球という号は先に使用していたが、baseballの訳語にはしていなかった。 (野球)という用語は中馬庚が作ったようである。中馬庚は(遊撃手)も作った。
正岡子規が野球用語を作ったのに対して武田千代三郎は「駅伝」という用語作った。
 正岡子規と武田千代三郎の関係がないか調べたが、武田千代三郎が新聞「日本」で日本語速記の単画式を発表したので、正岡子規は日本新聞社で「日本」の編集をしていた時期とが合うか調べたが
単画式速記を新聞「日本」で発表した時には、正岡子規は他界していた。


武田千代三郎
は東京帝国大学でストレンジ氏からいろいろなことを習っている。

 ストレンジ氏のお墓は青山霊園にある。





ちなみにこの裏面には、日本陸上競技連盟と書いてある。これは比較的あたらしいものである。





早稲田速記医療福祉専門学校の「速記」がなんとか残る。

 2018年3月に速記科の生徒が卒業するが、2018年度に新しい学科ができることがわかった。

字幕制作・速記者養成科であり、現在生徒募集が行われている。



 
最近更新したもの


漢語点字1958年版が「介母」の欄と声母の欄が出ていないのに、ようやく気がつきました。
元データではちゃんとこの2行があるのにどうして出ないかわかりません。
分割して出すようにしました。


韓国の速記もかなり補強しました。「議院式、高麗式、ハングル式、申式、口型式、辛永生式」

雲南省の3言語の速記 シーサンパンナーのタイ語速記 ラフ語速記 ハニ語速記が揃いました。

ピットマン式の変遷を載せました

「日本の外国語速記」の「カレンダー式ガントレット」の所から「ガントレットと秋吉台と秋芳洞」に行けるようにしました。

インドのグジャラート語・テルグ語・マラーティー語・タミール語速記を載せました。

バングラデシュのピットマン式系統の速記を新表にしました。根拠の辞書の表紙を載せました。

英語速記タイプの表を整理しました。

漢語速記タイプ亜偉式の一覧表が曲がっていたのを修正しました。


漢語速記タイプ索恒式の一覧表を載せました。



自己紹介



トップへ